サイトがリニューアルいたしました。スマホにも対応して以前より見やすくなりました。
商品も前よりもたくさんラインナップしました。ご注文をお待ちしております。

オリジナル缶バッジ・ピンバッジの総合サイトです。

缶バッジは主にブリキという金属で出来ています。(ブリキバッジと呼ばれている方もいらっしゃいます)。ブリキは缶詰の缶を製造するための原料になっているのでこの缶詰の「缶」をとって缶バッチになったとも言われています。カンバッジは今やオシャレアイテムの一つとして定着しています。TVや雑誌などでもタレントさんやモデルさんが身に着けているのを見たことがあるかと思います。
個人ではバッジを集めてコレクションにしたりお気に入りのデザインを見つけて洋服やバッグなどに着けて楽しんでいて、グループでは仲間での共通のマークやクラブ・チーム・同好会のロゴなどをカンバッジにして楽しんいます。また、法人・企業においては会社のマークや商品ロゴなどをつけてノベルティや販売促進(販促)用として利用されています。展示会・イベントでは来場者に配布したり、コンサートではタレントのオリジナルグッズとして販売されたりもしています。このように缶バッジ(ブリキのバッジ)は様々な方面でいろいろな使われ方をしています。

商品ラインナップ

ノーマルピン

ノーマルピン

ノーマルピンは一番良くご注文いただく缶バッジのタイプです。大きさは、円形は25ミリ、32ミリ、38ミリ、44ミリ、57ミリ、76ミリ、四角形40ミリになっております。(写真は32ミリの大きさです)洋服やTシャツの他に布製のバックや帽子などにつけて楽しまれています。販促として利用されたいお客様はほとんどこちらのノーマルピンをご利用になっております。

安全ピン

安全ピン

安全ピンはノーマルピンと違い、裏面のピンが安全ピンになっております。小さなお子様やお年寄りなどにとって比較的安全で扱いやすい缶バッジになっております。またノベルティとしても多くのお客様にご利用いただいておりますのでコストに余裕のあるお客様におすすめです。サイズは32ミリ、37ミリ、56ミリ、75ミリがあります。

クリップタイプ

マグネットタイプ

クリップタイプは裏面がクリップになっており、衣服などを痛めずに使っていただけます。缶バッジの大きさ・形は円形32ミリ、38ミリ、44ミリ、57ミリ、76ミリ、四角形40ミリがあります。クリップと併用してピンも使いたい場合は安全ピンありもございます。(写真は57ミです)お子様には安全ピンがついてないクリップのみがおすすめです。

マグネットタイプ

ノーマルピン

マグネットタイプは裏面が磁石になっておりますので、冷蔵庫や鉄でできたロッカー、スチール製の棚などにつけることができます。水道、ガスなどのサービス業などでは会社のマークが入ったノベルティとして各住戸に配っているようです。缶バッジの大きさ・形は円形32ミリ、38ミリ、44ミリ、57ミリ、76ミリ、四角形40ミリがございます。(写真32ミリ円形のマグネットです)

ミラータイプ

クリップタイプ

ミラータイプは裏面が鏡になっておりますので、ハンドバッグやポーチなどに入れておけばいつでも身だしなみを整えることができる缶バッジです。可愛いイラストを入れておくとバックから取り出すのが楽しくなりそうです。大きさは76ミリのみになります。

ボトルオープナータイプ

マグネットタイプ

ボトルオープナー(栓抜き)タイプ缶バッジは裏面が栓抜きになっていますのでノベルティなどにぴったりかと思います。大きさは57ミリのみでビールやジュースの瓶の王冠を開けるのに適したサイズになっています。こちらは主にノベルティとしての大量ご注文が多いアイテムになっています。飲料関係のメーカー様などではぴったりな缶バッジですのでおすすめです。

ピンバッジ

ミラータイプ

ピンバッジはピンズとも言われており、会社の社章やチームバッジなどで使われています。衣服の裏から刺して留め具で固定してお使いいただけます。一般的な円形の他に四角形のピンバッジもご用意しております。ピンバッジの表面は透明の樹脂ドームで覆われていますので傷がつきにくく高級な印象があります。

ネームバッジ

ボトルオープナータイプ

ネームバッジは名札のバッジになります。会社では部署や名前を入れたり、学校や病院では担当セクションやネームを入れたりして誰なのかをわかりやすくします。2種類の大きさでそれぞれ白、金、銀のカラーをご用意しております。バッジの表面が透明の樹脂ドームで覆われていますので傷がつきにくく、また高級な印象を与えています。

プラバッジ

ピンバッジ

プラバッジはプラスチックでできていますので、通常の缶バッジのように錆びることなくお使いいただけます。表のフタと裏の本体の中に原稿を挟み込む形で製作いたします。(フタは開けることはできませんのでご注意ください。)クリップと安全ピンが一緒についていますのでポケットに挟んで衣服を傷めず装着できます。

缶バッジファクトリーのここがポイント!

缶バッジファクトリーはイロイロとコダワリをもって日々業務を行っています。そのコダワリやスタンスをポイントとしていくつかご紹介させていただきます。 このあたりはお客様にとっても気になるところかと思いますので、弊社がどのようなところにコダワリもってどのようなスタンスで業務にあたっているのかをお読みいただければと思います。

ポイント1:缶バッジの老舗で「缶バッジの総合サイト」です
弊社の創業はインターネットがまだ普及段階の1998年にさかのぼります。当時はブロードバンド回線もなくダイヤルアップ接続が主流というでした。その頃からネットを使ったビジネスに携わり、改良に改良を重ねてここまでやってまいりました。今では多くの缶バッチ製作業者様が増えてきていつの間にか弊社は老舗と呼ばれるような存在になってしまいました。そのようなことにも奢らずに常に新しい商品を開発してまいりまして、ノーマルピン、安全ピン等と中心に四角形やハート型など面白い形の缶バッジを扱い、商品の幅を広げております。最近ではピンバッジやネームバッジ(名札)なども扱っています。弊社は「缶バッジの老舗サイト」から「缶バッジの総合サイト」を目指して多くのお客様のニーズに応えてまいります。
ポイント2:法人企業で完全国内生産です
缶バッジの制作を行っている企業で法人企業は開業当時はほとんどありませんでした。ネットの対する信用度も低かったのでお客様がネットで商品やサービスを購入することに躊躇してしまうような環境でした。そのような中で弊社は、お客様からの信用度をアップするために早々に法人化しておりました。また、缶バッジ製作業者様はほとんどが中国への委託生産でした。このことはリードタイムや品質等の問題を抱えていましたが、「そんなものだ」ということで仕事が流れていました。弊社では完全国内生産ですので、品質の安定化、コストの低減化など多くのメリットを享受することができます。お客様のご要望でかなりの割合を占めるのが、「品質」イコール「日本国内生産」ですので、安心してご注文いただける体制を整えております。
ポイント3:小ロット制作が可能で急ぎでも特急料金はいただきません
お客様のご要望で多いのが「小ロット生産」と「短納期」です。個人様やグループのお客様でのご注文ですとせいぜい50個~500個程度で、1,000個や2,000個ももいらないというのがほとんどです。広告代理店様や制作会社様といった「BtoB」で業務を行っている企業様ではタイとなスケジュールの中で活動されることが多いのは今や仕方がないことかと思います。以前は、注文の最低ロットが1,000個以上という状況でした。弊社では小ロット生産を可能として急ぎのお仕事にも対応しております。急ぎでも他社様のように「特急料金」はいただいておりません。ご相談いただければ可能な限り納期の調整はさせていただいております。
ポイント4:コダワリの缶バッジを高品質で作成しています
一般的は缶バッジの原稿印刷はインクジェットプリンタですが、弊社の缶バッジの仕様は高精細で発色の良いオンデマンド印刷です。以前は弊社でインクジェットプリンタによる出力でしたが、インクが染みこむことによる缶バッジのサビの発生や白抜き文字の不鮮明さや発色があまり良くなく思案していた結果、オンデマンド印刷機を導入しました。オンデマンド印刷機を導入した結果このような問題を一気に解決させることができました。
ポイント5:格安で幅広いお客様よりご注文いただいています
弊社のお客様は個人やグループ、広告会社、デザインプロダクション、製作会社など色々な方になります。これは単に長く営業していからということだけではなく、品質や工程などの見直しと改善、納期への柔軟な対応、コストダウン等様々な努力の結果と考えております。品質とコストのバランスでは常に改良を加えてコストを抑えつつ、よりお安く高品質な缶バッジ作るための追及を続けています。